2011年07月29日

チーム日本の1枚目のカードとは

最近、和心のAJCL出場チームの練習相手となる事が多く、チーム戦をバシバシやっています。
リプは大会前なのでUPできませんが、思ったことまとめ。

【1枚目のカードは何を切るべきか?】
選択肢としては
メジャー:木300、町の人2、漁船3
マイナー:天の神、山の戦士、倹約令

ぐらいがあると思います。

ポル社からの流れで天の神で戦闘継続しながら社追加してOPだぜえええと思っていたら
全然ダメ。

理由は
1:小屋建設が遅れる・初弾が遅れる
2:チームだと鎖国するので天の神自体の効果が得られにくい。内政が伸びない。

つまり内政にも軍にも中途半端で非常に微妙なカードという感触を得ました。

町の人2が一番安定します。
農民は茶葉も採集するのが本当に大きい。兵小屋ワゴンを呼びやすくなるのがなんとも。2小屋目欲しいときに追加できる。
(農民派遣して立てたくない+木材は社に使いたい=兵小屋ワゴン超便利 ということ)
さらに市場の研究も乗るし海マップでも1枚目は人2カードでいいんじゃないかなってぐらいですね。
尉官以下の人が練習するならこれ1本に絞っても良いぐらいだと思います。
人2カードは汎用性も高いので迷ったらこれを切ってます。

木300は小屋建築など初期の安定は得られるのでR文明と組むときには良いかも。R文明と組んだら切ります。
倹約令は茶葉がたくさん取れるのは魅力的だけど、小屋建設時間に不満がある。上の1の理由に該当。

今は山の戦士にちょっと可能性を感じて使ってみてます。
マップや財宝配置によっては爆発的な強さを発揮すると思っています。
中盤で大きい財宝とっても2倍になったりしますしね。昨日、トラ8ぐらいが守っている経験値400財宝を取ったら経験値800になって笑いました。ちょっとした幕府進化。
posted by Rota at 12:51| Comment(3) | 日本文明考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

配信設定:全画面プレイ配信時

配信時のAdobe Flash Media Live Encoder3.2の設定です。
全画面1920*1080でプレイ配信する時用の設定です。
FME全画面配信設定.png
これで割と綺麗に映って動くようです。

7/31追記
全画面配信その2.jpg
解像度を上げてテストした所、これでもプレイ配信に耐えられるようです。

2011年07月08日

ROCCAT KOVA(マウス)

617Dk5elaJL._AA1500_.jpg
ROCCAT KOVA センサーマウス ROC-11-200(ロケットコバ)というマウスを入手しました。Amazonで5980円ぐらいの代物です。

【説明】
『ROCCAT Kova』は、7 つのボタンを搭載した最大解像度 3,200dpi の 光学式センサーマウスです。人間工学に基づいた左右対称デザインで、LED カラーをカスタマイズ可能。 ドライバレスで設定は各ボタンから簡単に変更できます。光学センサーテクノロジーを伴う最大解像度 3,200dpi の pro-optic gaming sensor 急な使用や簡単な操作のための、ハードウェアベースの設定機能 。両手で使用できる人間工学に基づいた V 字型デザイン 。滑りにくく安定したマウス表面をもつ ROCCAT GRIPTECH SIDE AREAS 。最適なグリップと快適さを持つコーティングされたマウスホイール。お気に入りのカラーに設定できるカスタマズ可能なライトシステム。設定した
dpi 設定を LED インジケーターの色で確認可能。センサー: 光学  解像度: 3200dpi (400, 800,1600, 3200)  加速度: 20g  最大速度: 40 inch per second  マウス重量: 90g(ケーブルなし)  ボタン数: 7

【レビュー】
前はLOGICOOL レーザーマウスG500を使っていたのですが、比べてみると
軽い!持ちやすい!操作しやすい!
一体今までのはなんだったのか・・・と言いたくなるほど違います。
G500は重すぎたのだと思います。

軍が当たったときのマイクロもし易くなったと思います。
ドライバレスなのもモバイル性能高めだと思います。TGNとかにも良いかも。
今まで名前も知らなかったマウスですがこれは当たりだと思いました。

2011年07月05日

えうろたのリプレイ解説第2弾【MITS2v2大会直前2v2普及動画】

正式にはクラン和心の方でアナウンスがあると思いますが、
今度和心でクラン内2v2大会が催されるのでその番宣動画を作りたいとリーダーのmakoty氏が言い出しノリで撮影されました!


少なくとも2v2におけるアステカの強さは伝わると思います!よく考えたら1v1でも受けるのは非常に大変ですからね・・・。
3人で話していた結果、2v2で内政文明は辛いのではないかという結論になりました。イギリスとか日本ですね。立ち上がりが弱いともはや立ち上がれない。

2v2はアステカ、イロコイ、オスマン、インドあたりが非常に強いのではないかなと思います。
基本的にRが強烈に作用するので序盤から強力な兵出しが出来る文明に優位があると思います。

前回、Rota_JP日本・_bell少佐ドイツという組み合わせでAJC主催2v2大会準優勝することが出来ましたが、今思うとよくあそこまで勝てたなぁ・・・。と改めて思いました。  8thAJCC 2v2 PR64未満の部レビュー
posted by Rota at 07:40| Comment(0) | 解説動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

えうろたのリプレイ解説第1回【AJCCi stage3 準決勝戦 eunomiaア vsKOREYAN日】


今回はえうろたのリプレイ実況解説シリーズ第1弾!ということで今回はAJCCi stage3
準決勝戦 eunomia少将アステカvsKOREYAN准将日本シベリアでの一戦を実況解説します。

アステカのオーダーは高速進化からの木材700→神
官3.相手を薙刀と読んでのコヨーテセミのような形を取ります。
eunomia少将のアステカ汎用戦略についての記事 http://eunomia.seesaa.net/article
/209377532.html

リプレイ

個人的にツボだったのは
「足軽はアンチではないのです(´◉◞౪◟◉)」
このセリフでした。


posted by Rota at 18:36| Comment(0) | 解説動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PC刷新スペック:配信・実況解説環境

PCを購入しました。これで配信・実況解説環境が整いました。

【諸元】
CPU           Core i7-2600K (クアッド/HT/定格3.40GHz/L3キャッシュ8MB)
CPUファン        CPU水冷コース (CPU水冷ユニット)
メモリ            8GB DDR3 SDRAM(PC3-10600/4GBx2/デュアルチャネル)
グラフィック機能     NVIDIA GeForce GTX570 1280MB
SSD            【SSD】 インテル 80GB (インテル SSD 320 シリーズ)
ハードディスク      【SATA3】 2TB HDD (SATA6Gb/s対応)×2
マザーボード       インテル Z68 Express チップセット ATXマザーボード
光学ドライブ       DVDスーパーマルチドライブ
サウンド          CREATIVE Sound Blaster Audigy SE
LAN            ギガビットLANポート x1 (オンボード)
カードリーダー      マルチカードリーダー
フロントケースファン フロントケースFAN(12cm 静音FAN)
リアケースファン     背面ケースFAN (12cm 静音FAN)
電源             750W 静音電源 (DELTA ELECTRONICS 製 / 80PLUS)

回線:FTTH

【所感】
今までWindowsXPだったのでいまだにWindows7には慣れきってないですが慣れてくれば使いやすいOSだと思います。
Windows7で実況解説をするためにはサウンドカードにステレオミキサー機能が必要ということを知らずよく分からないまま追加したCREATIVE Sound Blaster Audigy SEがとんでもないUNKカードでした。このカードはステレオミキサー機能を持たないことが判明したので、Sound Blaster X-Fi Go! Proを追加購入しました。今のところ快適です。若干マイク入力が小さくなるのが気になる所ですが音量バランスでなんとかしております。

 AJCトップの配信設定もして頂いたので密かに配信テストもしてますが問題なく配信できるようです。和心の大会など機会があれば配信したいと考えています。
 そしてエンコード。めちゃくちゃ早くなりました。22分の1280*720の動画のニコエンコが25分で終了・・・。これはすごいです。
非常に手軽に動画撮影→アップロードできるようになり快適です。
 PCブートを高速化するためにSSDを導入しました。OSの起動が非常に高速で満足しています。また冷却系で初めて水冷を導入しました。これも非常に静かになり最初は感動しました。ずっと使っていくとなるとグラフィックカードのファン劣化による騒音が心配ですがまだまだ大丈夫でしょう。

2011年07月01日

【AOE3】【和心deテンプレ】テンプレート解説 No.11【オスマン交易ブームR】



今回はえうえうことeunomia少将をお招きしてオスマントルコの交易ブームRテンプレを解説していきます。リプレイの作成はBoneng少将。実戦リプからのテンプレ解説となっています。
今回はスペイン相手で、歩兵スタートを見て2小屋目に砲兵小屋を選択してアブスを生産します。軍のピークタイムは8分丁度。圧倒的な軍量・そして性能で戦います。

カード順:農民3→木700→金700→金600→イェニ5

Rota_JPのAoE3ブログ:http://ultimit.seesaa.net/
Boneng少将の記事(リプレイ):http://wg.g-rs.net/index.php?topic=702.0

次回はeunomia少将のメイン文明アステカのテンプレを作る予定です!
posted by Rota at 07:48| Comment(0) | 解説動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。