2010年04月17日

日本の馬弓その3 対少佐英編

いい加減しつこいようですが、馬弓を研究継続しています。

デッキはこちら。陸用です。

h2h陸20100417.jpg
まずは手順をご紹介します。
町の人→和弓5→町の人4→町の人4→木600・・・
という感じです。
(相手がRと呼んだなら3枚目から軍カードを押していけば良いと思われます。)
6:00少々で馬3はまず間違いなく出せるので、それをハラスに向かわせます。
和弓および薙刀と山伏を継続生産しつつ機を窺います。


ところでリプレイの方ですが、マップはインドシナ。にも拘らず陸デッキを選択していますw
相手は和心ClanのN003少佐。メイン文明は中国で英はほとんどやったことがありません。
自分の練習に付き合ってもらったような感じです。

さて6分で出した薙刀でハラスをしていると、LBに攻撃されたので一旦馬を下げます。
その後英側が上の社を攻撃しにきます。
補給線が伸びきっていることを察知して挟み込みを狙って距離を詰めそのままTCへ押し込みました。
民兵の対処などちょっと危なっかしいですが英が軍出し<内政状態だったので軍が消えてしまいgg。
最後TCの辺りでは和弓を3つぐらいに分けて槍を摘まみ撃ちをしています。

リプレイ:
100417(indochina)
(英)[和心]N003(少佐) vs (日)[和心]Rota_JP(大尉).age3Yrec


和心板当該記事:
http://wg.g-rs.net/index.php?topic=225.0
posted by Rota at 16:29| Comment(0) | 日本文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。