2010年05月05日

チーム:足軽火矢編成(リプあり)

チームの編成で日本は足軽をやることが多いと思いますが、
最初は足軽だけでいいのですが中盤(要塞の時代)以降はそれでは不十分となってきます。
理由はやはり大砲の登場です。

そこで変化していく対象として火矢がなかなか優秀です。
ファルコネットに対して一方的に攻撃することが可能な上、
苦手な軽歩兵を倒せ、さらに得意ではないにしろ攻城もこなせます。

軽騎兵とカルヴァリンが苦手ですが、
軽騎兵 → 足軽をフル強化することで対応、カラコルを入れられると対応がやや厳しいか。
カルヴァ→ カルヴァを出させること自体が優位。火矢を下げて味方とともにカルヴァ対処。
カルヴァは足が遅い(速度3.5)ので追うのが困難。火矢も足が遅い(速度3)ので突っ込みすぎて不用意にカウンターされないように注意が必要。

リプレイ(3v3):

軽火矢100505(Yucatan)(露)LukcyCherry(少佐)_(日)Rota_JP(大尉)_(蘭)holy_back_eye(少
佐)_(独)feijoa(中尉)_(仏)Archa(少佐)_(土)AirriA(中尉).age3Yrec


アチャ仏元中佐堀場蘭少佐フェイジョア独中尉 vs ラキチェ露少佐ロタ日大尉アイリア土中尉

相手が開幕2馬スカミだったので当てずに引き、ロシアがセミFF弓騎兵
初期のぶつかり合い.jpg

一度当てて0リセットがかかった後の再編で足軽火矢を構成
足火矢進軍前夜.jpg

IVの足軽と火矢。
IVの足火矢.jpg
足軽フル強化(゚∀゚)!

トピック:
http://wg.g-rs.net/index.php?topic=249.0


posted by Rota at 19:17| Comment(0) | 日本文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。