2010年06月20日

考察:大砲の射程

砲兵の射程の相対関係について。

火炎放射10<神火(III)23<ガトリング24<ファルコネット=騎馬大砲26<
重カノン=ロケット=
神火(IV)=火矢=シージエレファント28<
ライトカノン32<手持臼砲34<カルヴァリン36<臼砲=和臼砲40

各数値は射程です。

以下考察。

火矢の強さはファルコネット砲・騎馬大砲・重カノン砲と数次第で打ち合える点にあるでしょう。
時代IIIでもHP強化C、金閣でHP250ぐらいまで行きます。
相手にカルヴァを強要する点が強力です。チームよりもh2hでその優位性が際立つと考えます。(チームの方がカルヴァリンを出しやすいので優位性が薄らぐため)

対中華では、火矢を出しても割られるからと忌避してましたが
神火飛鴉兵がIIIの時代では23しか射程ないので(IVで火矢と同じ28になる)
卵にさえ気をつければ意外と戦えるのかもしれないですね。


ライトカノンはほぼ見ることがありませんがカルヴァ寄りの火矢といえば
イメージがやや掴みやすいかもしれません。ライトキャノンの数を揃えた上で守備する軍量が十分にいれば強いと言えるでしょう。あんまりそういうシーンを見たことないですが。
posted by Rota at 11:16| Comment(3) | 日本文明考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
火矢、ライトカノン、シージなどの本当の強さは引き撃ちが可能な事だと思います。
西洋文明の大砲は発射モードと移動モードの切り替えにかなり長いモーションがあるため丁寧な操作必須&撃った後に間合いを取ると言う事が基本的に不可能です。
しかし、西洋文明以外の大砲は基本的に発射と移動の切り替えモーションが無いので、引き撃ちする事が出来てしまいます。
対歩兵の場合はあまり引き撃ちが機能する事は無いですが、対砲兵(特にファルコ)に対しては細かい操作をする事でほぼ一方的に撃ち勝つ事が出来てしまいます・・・
Posted by MISIM at 2010年06月22日 05:35
神火飛鴉は時代によって性能が全く違う
Posted by miso at 2010年06月22日 08:37
>MISIMさん
捕捉ありがとうございます。
自分は割と操作がNoobってファルコに火矢が割られて泣くことがあります。砲撃体勢でにじり寄られると避けられないときがあります(´・ω・`)。なので数で対抗することが多いですねぇ。

>お味噌
本当だ!ありがとうございます。知りませんでした。
IIIで23、IVで28になるようです。記事に追記させてもらいました。IIでは18ですが出す人いないので割愛。
前漢がそろって後ろにこの大砲が控えているとHPも多いし非常に厄介な存在となりますね。卵安いから簡単に出せるし、やはり中華相手に砲戦は無謀というものか・・・。
Posted by ロタ at 2010年06月22日 12:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。