2011年03月24日

(h2hリプレイ)日本交易ブームへの対処

クイックで当たった日本大尉。
マップはボルネオ。
リプレイ: 110320(borneo)(日)[和心]Rota_JP(少佐) vs (日)tictack(大尉).age3Yrec

ミラーでは社の割り合いになることからカードは天の神を切りたかったですが、海だったので漁船3を選択。
相手が交易カードを切って交易2個取っていることを確認。

交易を割りながら市場を立てて内政を拡充します。
出鼻を挫いたのでまず軍負けはしないだろうと思いつつ社を割って相手を圧迫しながら軍を溜めて行きます。
一度カウンターされそうになりますが全滅はせず最後はTCまで詰めてggとなりました。

交易ブームへの対処ですが、ブームを始めようとする最初期に叩くのが最も効率的だと思います。これは海にも言えることだと思います。
木材とカードの投資を無力化できます。(時間が経たないとコストを回収できない)
割った交易の上に自分の交易を立ててしまうことも有効です。

日本ミラーではIIの時代は足軽単でOKだと思います。

参考)交易所の効率(1秒当たり)
LV1 1.06
LV2 1.85
LV3 2.23


資源による数値の差がないので、経験値が不要なときは取りにくい木か、
金鉱がきつければ金が効率的。肉はどうしても不足している時以外は後手。
posted by Rota at 15:00| Comment(0) | h2hリプレイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。