2011年07月03日

PC刷新スペック:配信・実況解説環境

PCを購入しました。これで配信・実況解説環境が整いました。

【諸元】
CPU           Core i7-2600K (クアッド/HT/定格3.40GHz/L3キャッシュ8MB)
CPUファン        CPU水冷コース (CPU水冷ユニット)
メモリ            8GB DDR3 SDRAM(PC3-10600/4GBx2/デュアルチャネル)
グラフィック機能     NVIDIA GeForce GTX570 1280MB
SSD            【SSD】 インテル 80GB (インテル SSD 320 シリーズ)
ハードディスク      【SATA3】 2TB HDD (SATA6Gb/s対応)×2
マザーボード       インテル Z68 Express チップセット ATXマザーボード
光学ドライブ       DVDスーパーマルチドライブ
サウンド          CREATIVE Sound Blaster Audigy SE
LAN            ギガビットLANポート x1 (オンボード)
カードリーダー      マルチカードリーダー
フロントケースファン フロントケースFAN(12cm 静音FAN)
リアケースファン     背面ケースFAN (12cm 静音FAN)
電源             750W 静音電源 (DELTA ELECTRONICS 製 / 80PLUS)

回線:FTTH

【所感】
今までWindowsXPだったのでいまだにWindows7には慣れきってないですが慣れてくれば使いやすいOSだと思います。
Windows7で実況解説をするためにはサウンドカードにステレオミキサー機能が必要ということを知らずよく分からないまま追加したCREATIVE Sound Blaster Audigy SEがとんでもないUNKカードでした。このカードはステレオミキサー機能を持たないことが判明したので、Sound Blaster X-Fi Go! Proを追加購入しました。今のところ快適です。若干マイク入力が小さくなるのが気になる所ですが音量バランスでなんとかしております。

 AJCトップの配信設定もして頂いたので密かに配信テストもしてますが問題なく配信できるようです。和心の大会など機会があれば配信したいと考えています。
 そしてエンコード。めちゃくちゃ早くなりました。22分の1280*720の動画のニコエンコが25分で終了・・・。これはすごいです。
非常に手軽に動画撮影→アップロードできるようになり快適です。
 PCブートを高速化するためにSSDを導入しました。OSの起動が非常に高速で満足しています。また冷却系で初めて水冷を導入しました。これも非常に静かになり最初は感動しました。ずっと使っていくとなるとグラフィックカードのファン劣化による騒音が心配ですがまだまだ大丈夫でしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。