2011年08月14日

日本vsフランスマスケセミFFファルコ

LAPACK氏と何度かやった戦いより日本vsフランスマスケセミFFファルコについて考える。マスケセミファルコについては以前の記事でも触れたことがあります。(h2hリプレイ)vsフランスマスケセミ大砲
クラン内でもフランス使いの尉官ぐらいの人で「日本に勝てない!」と言っている人をよく見かけますがこれをやってみると良いと思います。(実際に勧めていますがw)着弾時間が命なのでしっかり練習してからやると良いのではないでしょうか。

日本側としてはこのマスケセミファルコは読み違えると確実に死ぬ程の一点突破力を持ったオーダーと見えます。
対応策はポル同盟からの薙刀セミが一番いいかなと思ってはいるものの、それでも有利と言えるほどの差はない気もします。
砲兵操作などマイクロでも勝たないと負けてしまうでしょう。
薙刀セミで生産した薙刀のハラスはクルールの殺傷目的ではなく、農民を移動させる・TCにしまわせることを重視して薙刀を丁寧に使って行きたいです。相手が3に入って前に来た際にクルールも動員されてきたら薙刀ベテラン化→カード5で重騎兵足すしかないかな〜。火矢でマスケを丁寧に削りたい。

もし鎖国だとファルコ対策が間に合わずかなり厳しいので残された手は抜きあいしかないように思えます。マスケで本陣に篭られるとさすがに馬ブレン・足軽ブレンともに戦果を挙げるのは難しいです。いざとなればフランスにはクルール動員もありうることを考えれば無理筋かなと思います。鎖国セミも時間的に間に合いません。対応が間に合わないということはTCが割れてしまいますので肉が安定的に取れなくなり日本側が厳しくなります。

以下LAPACK氏の記述を引用

フランス側のオーダーは
クルール3-クルール4−金貨700−木材700−木材1000−ファルコネット2−(キュイラシェ3or開拓者)
です。3進化ボーナスはハサー4

・肉が十分寄る
・2nd金取りやすい
・(ファルコで攻めるので)TCが近い
・交易割られにくい
というような条件を満たしているほどやりやすいんですがGPは全部満たしててとてもやりやすいマップなのだと気づきました。

GP、2nd肉が遠いと厳しそうですが肉が寄る程度であれば問題ないようです。

リプレイ:
110811(great plains)(仏)[和心]LAPACK(大尉) vs (日)[和心]Rota_JP(中佐).age3Yrec
110812(borneo)(日)[和心]Rota_JP(中佐) vs (仏)[和心]LAPACK(大尉).age3Yrec

各リプ所感:
GP:探索不足、薙刀ハラスをもっと粘質に続ける、馬は常に動かす
ボルネオ:開拓民クルールの想定、相手編成に合せた軍生産、資源がきつい、本陣近くで受けてもいいかも?

和心掲示板該当記事:フランスvs日本
posted by Rota at 11:26| Comment(0) | h2hリプレイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。