2011年04月24日

ユニット強化の考え方 加算と乗算、オーラ効果の強大さ

前述の記事、足軽と和弓の攻撃力シリーズの最初でも記載しましたが、このゲームにおける
様々な強化効果の作用の仕方と効能についてまとめたいと思います。

AoE3でのカードや研究の強化効果は15%とか20%という風に記載されています。
数字通りに読んで「それまでの強化が乗った数字」×115%(強化カードの効果)という風に考えてしまうとそれは正しくありません。

AoE3の強化効果は原則的に全て加算です。基本値に対して強化効果の数値を加算するということです。
つまり元の能力値に対しての15%や20%を足していくと現在の数値になります。

例えば
HP150のマスケット銃兵にHP15%UPのカードとベテラン化(20%)の研究をしたとすると、
HP150+150*0.15(カード)+150*0.2(ベテラン化)=202.5
書き換えれば
150*(1+0.15+0.2)=202.5
という風な計算式で成り立っています。
HPでいうとイギリス領事館のHP10%UPもこの加算の仲間になります。

その他の体表的強化要素
ベテラン化=20%
ガード化=30%
インペリアル50%


しかし、この計算式以外の強化要素があります。
それがオーラ効果です。
オーラ効果は強化がすべて乗った数値に掛け算(乗算)で強化します。そのため最終値が大きくなり非常に強力です。

オーラ効果を発生させるものには以下のものがあります。
スペインの宣教師(1体につき攻撃5% 数が増えると累乗※10体で62.9%、塗油というIIの時代のカード使用)
アステカのチーフ(経験値100%)
スーのティーピー(1個につきHP10%)
スーのチーフ(速度10%)
イロコイのチーフ(HP15%)
インドのマンサブダール(HP,攻撃力ともに10%)
     カルニマーター(内政10%UP)
中華の師匠(HP、攻撃力ともに10% ※ただし弟子のみ)
日本の大名(攻撃力10%) ※大名とは鳥居元忠、加藤清正、伊達政宗のこと。大名同士の効果は重複しない。
     金閣寺(遠隔か近接の攻撃15% もしくはHP10% もしくは速度5%)
     徳川家康(HP20%)
    僧侶(攻撃10%DOWN、IIIの菩提の奔流カード使用)


以上です。
イロコイチーフのHP15%UPは突出した高性能と言えそうです。Iの時代からカードなしで有効というのが計り知れない大きさ。チーフショットもあるためイロコイチーフを使いきればかなりの性能を引き出せそうです。

日本について:日本は唯一同系統のオーラ効果を重複させることができる文明です。
そのため大名を上手に運用することが文明の持つ強さを引き出すために重要となります。IVの時代まで行くことができればその高性能を使わない手はありません。その意味でもFIには理に適った面があると考えています。
posted by Rota at 19:12| Comment(2) | 【ユニットの強化】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。