2010年06月19日

考察:ユニットの速度

ユニットの速度は表立って見えにくいですが、かなり重要な要素であると考えます。
兵量バランスが崩れた一瞬に間合いを一気に侵略して相手の兵を消す際に移動速度が大きく関与するためです。

特に日本使いにとっては主力ユニットである足軽が
通常のマスケットの4に対して4.5の速度を持つため、
これを如何にうまく使いこなすかを追求することでよりそのポテンシャルを引き出すことが可能であると考えました。
ただでさえ足軽は現状のTAD1.03パッチ下において東照宮進化のIIの時代ではコストに対して性能が追いついておらず花開くのはIIIの時代からのため、足軽の持つ特性を引き出してやることは日本使いの至上命題と言えるでしょう。

まず、抑えておきたいのが多くの文明にいる基本ユニットの速度です。

騎兵
ドラ     7.25
ハサー 6.75
弓騎兵 6.75


歩兵
長槍  5
マスケ 4
スカミ  4
石弓  4
矛槍  4
民兵    4
擲弾兵 4

砲兵
ファルコネット 4
カルヴァリン  3.5

臼砲              3
騎馬砲兵       6
ペタード         4
ガトリング      4

一般ユニット
斥候   5.5
町の人  4
クルール 4.5
探索者  4.5
家畜    4

以上の通りです。
一般の歩兵は4で槍だけは5と考えると分かりやすいです。
ちなみに探索者の速度はスーのみ7.76です。

以下に速度の異なるユニークユニットをまとめます。

騎兵
ソワル    7.5
ザンブ    7.5
マスケライダー7.25(7.98)  
流鏑馬   6.8
ウーラン  6.75
カンヤ   6.75(7.43)
ライフルライダ6.75
ランセロ   6.5
隕石    6.5
連棍    6.5
キュイ    6.25
コヨーテ   6.25(6.88)
マハウト  6
戦闘馬車 6
ハウダー 5.5

歩兵
ロデレロ  6
アエンナ  5
植民地民  5
忍びの者 4.8
ウルミン   4.5
侍      4.5(4.95)
ドッペル  4.5
足軽    4.5
連弩    4.5
ストレ    4.5
マセ     4.5
カサド    4.5

スー歩兵  4(4.5)

砲兵
火炎放射   4.25
シージ像   4
フレイル像  4
火矢      3
手持ち臼砲  3
和製臼砲   2.5

以上の通りです。()の中身はカードを適応したときの速度です。

まず、近接重歩兵ですが、
範囲攻撃能力を持つドッペル、侍は4.5に設定されています。
槍としては微妙ですが当たると滅法強いのは速度からも読み取れます。

次にマスケ系です。
マスケ系で速いのは足軽だけです。このことが足軽のユニークさの根源ともなります。
マスケの運用で効果的なのは後半の垂れ流し戦術にあります。
機動力がより高い足軽を用いて垂れ流しを行うことが最も効率的な足軽の運用であると思います。金閣のスピードアップ(5%)を併用すれば速度が4.74に伸びます。その機動力を生かして荒らしまわられると相手は対応するのに手こずることは間違いありません。
既出感溢れる結論に私もびっくりです。

(追記:西洋文明であれば、兵器庫のアップグレードカードを切ることで陣太鼓(歩兵の移動速度10%UP)を得ることが出来ます。その際の歩兵の速度は4.4です。)

軽歩兵系は割と足の速いユニークユニットが多いです。

中でもアエンナは別格です。打ち始めこそ遅いですが
槍に匹敵する5の速度で一気に相手に詰め寄り、面を制圧します。
退却も早く、数が出せる環境下では非常に強力だと言えるでしょう。

またストレ、マセ、連弩は低価格で数が出るためコスト勝ちしやすいユニットですが、
なんと移動速度も速かったのです。足軽で相手するのはかなり辛いのは速度からも感じられます。
これら3兵種はぐいぐいと押し込んで戦場の支配権を握ることができますね。


一方、馬ですが

ランセロ、隕石、連棍が6.5でハサーよりやや遅めに設定されています。
キュイとコヨーテが速度同じ(6.25)なのは意外であるとともに性格は全く異なるためなんだかおもしろいです。6.25は大分遅いのですがコヨーテはもっと速い印象を受けますね。

戦闘馬車は射程こそ長いですが軽騎兵であるにもかかわらず
速度が6で射撃の開始も遅いため荒らし対応が困難で軽騎兵としては使い勝手が微妙かもしれません。強いことは強いのですが、アクの強いユニットですね。
さらにいえるのはマハウトとハウダーが足が遅いので厳しい。マハウトは当てるまでにHPを削られるし逃げられる。ハウダーは荒らし対応が不可能に近いです。

ラクダは足が速いのですがHPが低く脆いです。
操作量のあるプレイヤーがソワルザンブを混ぜて荒らしに使えば撤退が容易なのも手伝って有効かもしれません。

流鏑馬が微妙に速いのは恐らくカルヴァリン要素が入っているためだと思いますが0.05差は微妙すぎます・・・。弓騎兵系はドラ系より速度が劣るうえに一般に射程も短いままですので止まって打ち続けられる状況でなければ性能が生きてきません。


忍びの者が歩兵としてはかなり速い4.8の速度を持っています。基本攻撃力も高い上にハイドもできるので荒らしに最適かもしれません。数が出ませんが・・・。

4/29和心のabel元大尉からコメントを頂いたので馬ユニークユニットについて追記しました。
6/19町の人などユニットを追加しました。
6/20カード適応後のスピードを一部記載しました
7/2daba大佐のご指摘で金閣寺のスピードアップは5%に訂正しました。またウーラン枠を設けました。
posted by Rota at 20:00| Comment(10) | 【ユニットの速度】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。